トイプードル

トイプードル10は、トイプードルを飼う前に絶対に知ってほしい10項目の知識・心構えを解説するサイトです。人もトイプードルも幸せな関係が、一組でも増えるよう願っています。

トイプードル10メインバナー

トイプードルと病気

トイプードルがかかり易い病気について

頻繁な繁殖が行われている現在、遺伝的な病気を持っている場合も多くみられ、特に皮膚・目・耳の病気には注意が必要です。

遺伝的な側面やそれぞれの個体によっても体質はことなり、かかりやすい病気もさまざまですが、その中でも、気をつけておきたい、知っておきたい病気の一部をご紹介します。

皮膚疾患

気をつける症状:痒がる、脱毛、

皮膚疾患にはさまざまな種類と原因がありますが、中でも、アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などは1~3歳頃に発症しやすいと言われています。遺伝性の場合も考えられますが、食事による体質改善なども小さいうちから気をつけておく必要があります。

膝蓋骨脱臼

気をつけたい症状:疼痛、脚を1本だけ上げて歩く、脚をつかなくなる、ケンケンのような歩き方、膝が腫れる、

後脚の膝蓋骨という膝を支えるお皿の部分の腱膜のゆるみやお皿の溝が浅い時に起こりやすく、歩行が困難になる場合があります。

ひどくなると慢性的に痛み、跛行を呈すので気になったときは早めに獣医さんに診てもらっておきたいです。

よくジャンプしたり、高いところに飛び乗ったり、飛び降りたりといった行動には、脚にとても負担がかかるので、あまりさせないようにしましょう。

【グレードⅠ】
膝関節はほとんど正常な状態です。
関節を伸展して指で押すことによって簡単に脱臼が起こりますが、緩めると元に戻る。

【グレードⅡ】
膝関節を屈曲した場合に脱臼が起こり、指で押すか関節を伸ばさないともとの位置に
戻らないい状態です。

【グレードⅢ】
膝関節が脱臼したままの状態が多くなります。
患肢を伸展すると時折元に戻ることがある状態です。

【グレードⅣ】
膝蓋骨は脱臼したままになってしまいます。
この段階では、外科的処置を施さなければ整復できなくなってしまいます。

眼瞼内反症

気をつける症状:まぶたの内側がめくれる

眼球に傷がつきやすく、涙が出たり充血したり角膜炎が起きたりします。中には成長につれて、治ることもあります。

てんかん

気をつける症状:けいれん、泡をふく、何もない部分をずっと噛む

てんかんには、特発性と部分的の主に2種類があります。特発性のてんかんは半年から2歳くらいで発症しやすいと言われています。

能を構成している細胞(ニューロン)の働きに異常が起きた場合に突然のけいれんや、泡をふいて倒れたりする発作的な症状が見られます。初期は短時間で回復しますが、だんだんと回復までの時間が長くなっていくことが多いです。

停留睾丸(陰睾丸)

気をつける症状:睾丸が降りない

睾丸が降りてくる段階において、お腹の中のどこかに留まってしまう症状です。繁殖や初期のプードルから小さくするさいの遺伝的要素も残っているとも言われています。

そのまま長期間放置してしまうと、精巣ガンに至る場合もあるので、半年頃を目処に手術をしたほうがよいでしょう。

白内障

気をつける症状:目の白濁、

原因は、さまざまなことが考えられますが、中には他の眼病や真性糖尿病にかかることによって生じる場合もありますまた、加齢による場合も考えられます。

進行する視力の低下や失明にいたる場合もあります。

流涙症(涙やけ)

気をつける症状:涙、目の周りの毛の変色、目の周りの湿疹

目と鼻をつなぐ管が細かったり、詰まったありする場合に涙がでて、毛の変色や湿疹などに繋がります。

また、食事によって影響をうけることもあるため、症状を見ながら食事を変えてみるのもよいでしょう。

コンテンツリスト
  • トイプードルの歴史
  • トイプードルの性格
  • トイプードルの病気
  • トイプードルの種類
  • トイプードルの毛色
  • トイプードルの飼い方
  • トイプードルのしつけ
  • トイプードルのケア
  • トイプードルの見つけ方
  • 犬の十戒

Copyright(c) All rights reserved.